VISatellite CORBA クライアント拡張

警告

このモジュールは、 実験的 なものです。 これらの関数の動作・関数名を含めここに書かれていることすべてが このパッケージの将来のリリースで予告なく変更される可能性があります。 注意を喚起するとともに、使用者のリスクでこのモジュールを使用してください。

Satellite は非推奨です。Universe (http://universe-phpext.sourceforge.net/) を使用し、Satellite は使用しないことを推奨します。

Satellite 拡張は、CORBA オブジェクトにアクセスするために使用されます。 php.ini の idl_directory= エントリに、使用する全ての IDL ファイルを保存する場所のパスを設定する必要があります。

Satellite のインストールについての詳細は、Satellite の README ファイルを参照ください。

目次
OrbitObject -- CORBA オブジェクトにアクセスする
OrbitEnum -- CORBA enums を使用する
OrbitStruct -- CORBA 構造体を使用する
satellite_caught_exception --  例外が前の関数からキャッチされたかどうかを調べる
satellite_exception_id -- 直近の例外に関するレポジトリ ID を取得する
satellite_exception_value --  直近の例外に関する例外構造体を得る
satellite_object_to_string --  オブジェクトを文字列表現に変換する
satellite_load_idl --  タイプマネージャに IDL ファイルのロードを指示する
satellite_get_repository_id --  未実装

レンタルサーバー

SNS