第 6 章 FAQ - 頻出する質問

目次
ユーザ向け FAQ
開発者向けの FAQ
ドキュメント作成や翻訳に関する FAQ

ユーザ向け FAQ

PEAR って何ですか?

こちら を参照してください。

PEAR について疑問があります。どこで質問すればいいですか?

これらメーリングリストの購読についての情報は、こちら を参照してください。

上記のすべてのメーリング・リストは、言語として英語が使われております。 また、質問は、丁寧にお願いします。;-)

PEAR のサイトにログインすると変なエラーメッセージがでるのですが?

pear.php.netCAcert により認証された SSL キーを使っているため、警告が表示されることがあります。 というのも、そのルート証明書が一般的なブラウザには インストールされていないためです。

Mozilla のブラウザを使っているなら、こちらのサイト"Root Certificate (PEM Format)" のリンクをクリックすると 証明書をインストールできます。 新しい認証局を信頼するかどうか聞かれたら、 "この認証局を web サイトの同定に使用する。" のボックスをチェックし、OK をクリックします。

Internet Explorer を使っている人は、こちら を参照してください。

Mac OS X のユーザは、上記の PEM ファイルをダウンロードし、 "キーチェーンアクセス" ユーティリティーを使って "ファイル" メニューから "読み込み" として証明書をインストールします。

Windows で、カスタマイズしたフォルダにインストールできない

そのフォルダの表示方法がカスタマイズされている (訳注: フォルダの右クリック->「プロパティ」->「カスタマイズ」タブで変更されている) かどうか調べるために、 Windows はフォルダの "読み取り専用" 属性を使用します。 この属性は、書き込み権限を管理する際には使用されません。 "読み取り専用" のフォルダにもファイルを作成することができます。詳細は http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja-jp;326549 を参照ください。

PEAR インストーラは、この読み取り専用属性を検出するとインストールを中止します。 悲しいことに、カスタマイズしたフォルダと本当に読み取り専用のフォルダを Windows では区別できないのです。

対策としては、PEAR パッケージをインストールするフォルダを カスタマイズしないようにしてください。

古い版の PEAR はインストールされているが、 新しい版をインストールする権限がない時はどうすれば良いですか?

$ which pear とすると /usr/local/bin/pear など出て pear コマンドは使えるのだけれど、 $ pear -V とするとバージョンが古い場合とか、その他の理由で、 違うバージョンの PEAR を使いたい場合は、ホームディレクトリにインストールすると 良いでしょう。

http://go-pear.org を訪れ、gopear.php という名で保存し、 $ php gopear.php とするか、 $ lynx -source http://pear.php.net/go-pear | php -q とするかします。

PEAR のインストールにあたっては、/home/user/pear を prefix に指定してください(ここで user は、あなたのユーザ名)。

インストールが完了したら、PATH 環境変数に、新しい PEAR のディレクトリを 既存の PATH の に追加してください。

たとえば、~/.bashrc~/.profile の最後のほうに、export PATH=/home/user/pear/bin:$PATH を追加します。$ echo $PATH として、 /home/user/pear/bin:[...] のように表示されるでしょうか。

$ which pear とすると /home/user/pear/bin/pear と表示され、$ pear -V で "PEAR Version: 1.4.8" (執筆時。これ以降であればよい)と出力されると問題ありません。 最新の安定版については、 http://pear.php.net/package/PEAR の Current Release のところをチェックしてください。

最後に、include_path を正しくセットします。 たとえば、次のようにします。
<?php
 $path = ini_get('include_path');
 ini_set('include_path', '/home/user/pear'.PATH_SEPARATOR.$path);
 ?>

レンタルサーバー

SNS